<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

ハーレー列伝 〜奮闘編〜                   

宮本です

 

当時は『限定解除』と言って大型二輪は教習所では取れずに運転試験場に行かなくては取れなかった

 

単車はソレこそオーゴット時代に、オヤジさんが所持していた『HONDA・JAZZ』← 50cc のちっちゃいアメリカンで、カワイイかんじなモンだから、当時渋谷の街中走ってるとケッコウ街行くヒトに熱い視線をむけられていた、、、、ような氣はする(笑)→を借りてせいぜい乗ってたくらい☆

 

クルマの免許取ると自動的に付いてくる『50cc は OK』しか駆使したコトないワケだから、中免をすっ飛ばしていきなり大型を取りに行くって、ネ(笑)

 

だから先ずは教習所に通わなきゃって、成瀬さんとのご縁をつなげてくださった、タトゥーばりばりでバリバリのハーレー乗りの『橋見さん』

『ミヤモト KM 自動車学校がイイよ、そこのコースは鮫洲の試験場とおんなじだから』って教えてくれて

 

そんなの最早 KM に入るじゃん?(笑)

 

ブクロ←池袋のこと(笑)→からスクールバスに揺られさいたまにある教習所まで、晴れの日も雪の日も通い、雪の日にはコケたりしながら(笑)練習して

 

ただどんくらいの回数教習したかまったく覚えてナイんだけど

たしかあんまり乗ってなかったような氣はするンだけど

教官が『もう受けに行ってもいーんじゃね』ってゆーモンだから(笑)

ンじゃっつーんで → いざ『鮫洲』の試験場へっ!

(当時オレは東京の中野に住んでたんス^ー^)

 

イッチバン最初にね

バイクを押して 8の字を書くのだけどね

それだけなのにね

人生イチのキンチョーを体験・体感するコトになるのさ(笑)

 

そして人生初の二輪試験は、クランクや一本橋等の課題でスデに不合格(笑)

でも試験官さんの粋なはからいで、特別にコースも走らせてもらって→終了

 

その後 2回 3回 4回と試験の旅路は続き(笑)

今でも覚えてるけど → 5回目!

あと急制動をキチンと出来れば合格ってときに、、、、日和ったのかなぁ?

ナゼかアクセルを規定のスピードまで開けるコトができずに

ギリ不合格(笑)

 

まあ落ち込んだゼ、、、、

 

〜続く〜

(^v^)

 

☆練馬 ひ 6☆

奇跡的なナンバーだった☆

ひできの『ひ』

オレの誕生日『1.5』を足すと『6』

☆品川ナンバー☆

中野のあとに『麻布十番』に半年くらい住んだ

☆4枚とも場所は『逗子マリーナ』

オレのちょーダイスキなプレイスのひとつ\(^o^)/

HD' M * - * 00:02 * comments(0) * - *

ハーレー列伝 〜序章〜

 

宮本です

 

オレが単車の大型免許を取ったのは『26歳』のとき

 

当時のオレはクルマの免許しか持ってなかったし、単車に乗りたい欲求はそんなになくて

 

ただ、1度だけ

オレは当時原宿にあった伝説の Movie Restaurant『オーゴット』でバーテン&ホールのバイトをしてて

そのオーナーで知るヒトぞ知るやはり原宿・伝説の人『ガンさん』← ウチラはオヤジさんと呼んでいて、ゴット以外にもミュージシャンにとっては聖地的な Live House『原宿クロコダイル』や青山にあった『バックウッド』と3店舗のオーナーだった☆現存はクロコだけになってしまいチョットさみしいけどネ、、、、→ や、ゴットの同僚たちの影響もあり中免を取りかけたのだけど、結局は取らなくて

まあいつかはバイクも取ろうかなぁ、、、、みたいなくらいでいて

 

その頃にオレはそのゴットの厨房にいた、タトゥーばりばりのクールで優しいオトコ『橋見さん』から → 俳優『成瀬惠剛』さんを紹介していただき

当時成瀬さんが若手の男女を集めて芝居を教えていたコトもあり、オレも成瀬さんから芝居のレッスンを受けるようになる

 

成瀬さんはソノ当時から既にハーレーに乗っていた

 

〖ちなみに成瀬さんは『岩井俊二』監督のちょー有名な映画『ラブレター』や『矢沢永吉』さんの album『Anytime Woman』のジャケットのモデルのひとりとして矢沢さんと共演したり、映画『ワイルド・ハーレー』で『岩城滉一』さんと共演したりとかなりのツワモノで、今現在は平行して『namu-』というパワーストーン・ショップの経営者でもあり

著書『あなたの心は大丈夫ですか?ー自分らしく生きるために』『幸せとつながるパワーストーンの言葉(メッセージ)』など本も出版してたりと、やっぱかなりのツワモノ(* ̄∇ ̄)〗

 

そんなある日

いつものようにナルセ・レッスンに行くと

いつもとちがったスタイルのハーレーが停まっていて

 

そのハーレーにオレの目は釘付けになる!

 

いままでに見たコトのない

すこぶるカッコイイ Harley  Davidson がソコにあった!!!

 

☆一目惚れ☆

 

成瀬さんに『ハーレー替えたンですか?』と聞くと

『オレがカスタムしたんだよ、一夜で』って☆

 

とんでもないヒトだと思った(笑)

一夜にしてあんなカッコよすぎるハーレーをビルドするなんて!

 

ココロは決まる

『大型二輪免許を取る』

そして

『ハーレーがあんなにカッコよくできるならオレもハーレーに乗る』と

 

〜続く〜

 

『namu-』

http://www.namu-jp.com/

 

☆オーゴットの頃☆

☆映画『カクテル』のようなパフォーマンスでテレビにも出たンす☆

HD' M * - * 22:59 * comments(0) * - *

添えて☆

宮本です

 

ありがたいコトに今年もいただきましたっ☆

 

一筆手紙をネ、添えてくれるンす

 

名前を書いてくれたりとかネ

 

このデジタルなご時世にナンてありがたいのかって

2月もバレンタインデーを過ぎ後半にさしかかった日に

心から思う

 

人生のハーフをこえたオトコが

『好きになること』

を伝えられてるのが、やっぱ嬉しいネ

 

まあだからこそヘタうてないってプレッシャーも、、、、みたいな(笑)

 

ミンナから添えていただいた『氣もち』もムネに

これからもバリバリっす\(^o^)/

 

 

P.S.

 

そーデス、自慢です(笑)

HD' M * - * 18:39 * comments(0) * - *

楽しい修行

宮本です

 

☆久しく照らす☆

 

名は体をあらわす

 

先月1.30に開催された→まさしく太陽のようなオトコ=『北原照久』さんのBirthday・DANPA&Temiyan Live☆

 

さいこーにゴキゲンなParty Night☆

 

だけどネ、ナンカね、オレにとってダンパは→『超絶楽しい修行』(笑)

 

まず1曲目から体力の限界に達するンす(笑)←そんなの自分でコントロールすればイイだろって?

おっしゃる通り(笑)

 

でもネ、全開ばりばりでやっちゃうンだよねぇどおしても(* ̄∇ ̄)

 

そんでソコから基本ずっと踊り続け、おわってみるとふくらはぎが限界に達してたりとか(笑)

なのに超絶楽しいとか(笑)

 

でも初めて会ったステキなご夫婦に『一緒に写真撮らせてもらえる?すごいカッコ良かった!』って言っていただけたりとか!!!

 

おわってヒトリ中華街の端っこの中華屋さんで食べてると、ダンパのスペシャルゲスト『Kenny 大倉』さんのお客さまの『佐藤さん』が昨年に引き続きまたもやご馳走してくださったりとか!!!

昨年の blog 参照

http://blog.liblance.com/?month=201901

 

とどのつまりダンパぱサイコーって話しッス(* ̄∇ ̄*)

 

北原さんテミヤンさんすべてのミナサンにココロよりの大感謝を

 

写真たちデース(^v^)

☆北原さんの超絶ゴキゲンなエレキ☆

photo by Yoshiyuki Iida

☆Kaoru 姫&Maiko☆

photo by Yoshiyuki Iida

☆スペシャルゲスト・売野雅勇さんプロデュース『MaxLux』☆

photo by Yoshiyuki Iida

☆スペシャルゲスト・ジョニー大倉さんのご子息『Kenny 大倉』☆

photo by Yoshiyuki Iida

☆サックス『三四朗』さん☆

☆今回の怪人☆

photo by Yasuko Toyoda

☆スペシャルゲスト『マリーン』さんとの即興コラボ☆

photo by Yoshiyuki Iida

photo by Yasuko Toyoda

☆チークタイム・真ん中が北原さんご夫妻・向かって左ハシにいるのは、、、、☆

photo by Yoshiyuki Iida

コチラのふたりでしたーっ(笑)

☆超絶クールで超絶やさしいサックス奏者『三四朗』さんとの超絶チーク(笑)☆

photo by Yasuko Toyoda

☆シルエットロマンス☆

photo by Yoshiyuki Iida

☆湘南スタイル・Hi Hi Hi!by Temiyan☆

photo by Yoshiyuki Iida

HD' M * - * 07:02 * comments(0) * - *

言うよネ

宮本です

 

先日駅のエスカレーターのまあまあ長い列を並び進んでいて、モウスグ乗れるって時に、ワキからオレより年上のメンズ→正確にはひとりなのでマン(笑)←が左横からスーっときて、ちょうどオレの前にシレっと横入りしようとしたから、ソデを軽く引いて『並んでマスよー並んでる』と言って聞かせて阻止した(笑)

 

まあいーンですよ、ナニも言わずにソノママやり過ごしたって

言ったところでそーゆーヒトはネ、またネ、、、、(笑)

 

シレッとせずにアタマのひとつでも下げてみたら、またチガウのにさっ☆

 

またのある日

電車の扉のスグ横のシートのハジの仕切り空間←意味わかりマス?(笑)→に立っていたら、そのハジのシートに座るべく入ってきた赤いダウンジャケットを着た20代のメンズ←まあひとりだったので正確にはマン(笑)→が寄りかかっていたオレの背中をヒジで小突いて座った

 

寄りかかってた仕切りは、オレの背丈で肩甲骨に少しかかるくらいの高さはあったから、シートに座る際のジャマにはなっていなかったハズ

 

意図的だなとはカンジたけど『まあイイや』と☆

 

いくつか駅を過ぎたあと、とある駅に到着したときにまた背中を小突かれた

みればモチロン赤ダウンが(笑)降車する際にまたやった

 

完全なる意図的

 

流石にスルーするのはそいつのタメにならねぇと思い(笑)着ていた赤ダウンの腕のあたりを引っ張りコッチを向かせ、カオを正面から見据えた

 

でもそれだけネ

そいつの目をジッとみただけ

あえて言葉は発しなかった

モチロンそいつはそのまま下車

 

怒りは感じナイんす

だってもはやオレはそんなコトをするヒトたちと同じラインに、決して自分を並ばせナイ

もし怒りという『感情』がでたら、その時点でソレは低いラインに自分を落としているコトになる

(でももちろんイラっとするときだってありますけど、、、、(笑) ソノときはすぐラインを上げる努力をする)

 

言うべきコトを言っただけ

あ☆ひとつは無言だから言ってナイや(笑)

 

このブログを読んでミナサンがどう思われるかはわからないけど、オレはベツに好戦的な性質ではナイですよ(笑)

 

ただネ、あまりにもの状況のときはスルーできない性分もあるので(笑)

 

今後も

『言うべきコトは面と向かって言っていこう』

と思ってる、ミヤモトです(笑)

 

武蔵小杉のJRのホームから☆相鉄線とつながった路線ネ(^v^)

ちなみに本文とコチラの写真はまったくカンケイございませんっ(笑)

HD' M * - * 15:30 * comments(0) * - *

このページの先頭へ